天神皮ふ科で最先端の治療を受けて皮膚のモヤモヤを解消

乳児湿疹の場合

小児科か皮膚科か迷う乳児湿疹

生後1か月頃から出てくる乳児湿疹は、成長とともに消失するものですが、まれにアトピーとの区別がつかず、強いステロイドなどを使用してしまうケースもあります。 生後まもない頃は特に小児科以外の病院にかかることを躊躇したり、乳児を診てくれるのかわからず、受診を戸惑うこともあるでしょう。 実際、乳児の病気を解説する本などでは、湿疹のような内科的な病態でなくとも、まずはかかりつけの小児科医に相談しましょうとアドバイスしています。 しかし、乳児の湿疹において、赤くただれたり、皮膚の状態だけが良くないような場合は皮膚科を受診しましょう。 小児科医は皮膚科の分野が得意とは限りません。 乳児を診てもらえるかどうか心配な場合は、電話で事前に問い合わせるとスムーズです。 また、ホームページでアトピーなどを詳しく扱っている皮膚科は乳児湿疹とアトピーの区別もしてくれるので安心です。

乳児湿疹はこれで解決

乳児湿疹が長く続くと、アトピー性皮膚炎の疑いがかかります。 しかし、ほとんどの乳児湿疹はアトピー性皮膚炎と関連はないと言われています。 乳児湿疹の解決のポイントは「保湿」です。 もうすでに赤くただれるなど悪化してしまった場合は、ステロイドで早くしっかり治すことが肝要です。そして同時に保湿です。 ステロイドをむやみに怖がる人が多いですが、使い方を間違えることが怖いことであり、正しく使えばとても優秀な薬です。 ステロイドの使用が不安な人は皮膚科でしっかりと医師に相談し、納得するまで説明を受けましょう。 乳児湿疹は1歳頃には自然に治まります。俗に離乳食が進み、腸やウンチの状態が安定すると治まるとも言われています。 心配せずに皮膚科医の指示のもと、かわいい赤ちゃんの肌を守ってあげてください。