天神皮ふ科で最先端の治療を受けて皮膚のモヤモヤを解消

足の病気

油断すると爪にもできる水虫

足は何かとトラブルが起きやすい部分ですが、1日中靴や靴下に包まれて蒸れやすく、雑菌も繁殖しやすくなっています。油断していると水虫ができてしまうこともありますので、通気性の良い靴や靴下を選んだり、清潔を保つことも大切です。水虫になってしまった場合は早めにケアをしていきましょう。市販の薬でもクリーム、スプレー、液体など様々な薬がありますので、根気よくケアを続けていきます。放置しているとさらに症状が進み、爪にまで症状が進むいわゆる爪水虫という症状となってしまいます。爪水虫の場合はクリームや液体の薬でも成分が届きにくく改善が難しくなってしまいます。爪は生え変わるまで数ヶ月はかかりますので根気の良い治療が大切となります。以前は難しいとされていた症状でしたが、今は良い治療方法も登場しています。

爪水虫を治療するなら

爪水虫になっても爪には神経がないため痛みやかゆみはありませんが、爪が厚くなり白くなったり、ボロボロになります。見た目が悪くなるばかりでなく爪が分厚くなることで靴を履いたときに圧迫されて痛みが出てしまう場合もありますのでやはり早めの治療が大切です。爪水虫の治療には外用薬ではなく、飲み薬が良い効果を発揮してくれます。こうした薬はドラッグストアなどでは販売されていませんので、医療機関での治療を行なうこととなります。医療機関では皮膚科で対応してくれますので相談してみましょう。飲むだけですので手軽に続けられる治療ですが、時には副作用が起こることもありますので、薬に関する説明はきちんと聞き、薬の特徴を理解しておくことも大切です。完治までは少なくとも数ヶ月は必要としますので、すぐに効果が出なくてもあきらめずに丁寧にケアしていくことが大切です。